日本鍛圧機械工業会の目的

日本鍛圧機械工業会鍛圧機械の生産、流通、貿易及び利用に関する施策、その他諸施策の充実をはかることにより、鍛圧機械工業及びその関連産業の健全な発展を図るとともにわが国産業の向上に資し、もって国民経済の繁栄に貢献することを目的とする。

代表理事会長

川西 宣明 川西 宣明 (かわにし のぶあき)
(コマツ産機 株式会社 代表取締役社長)

鍛圧機械の対象製品

サーボプレス、機械プレス、油圧プレス、フォーミングマシン、シャーリング、プレスブレーキ、パンチングプレス、レーザ加工機、プラズマ加工機などの金属加工機械とその自動化装置、安全装置、部品金型サービス、など。

会員数

2017年4月現在 会員113社

事務局所在地

〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5番8号 機械振興会館 308号
TEL: 03-3432-4579 FAX: 03-3432-4804

工業会の歴史

一般社団法人日本鍛圧機械工業会は、1948年12月1日に日本鍛圧機械協会として設立され、1984年6月15日通商産業省より社団法人日本鍛圧機械工業会として認可され、2009年3月18日に内閣府公益認定等委員会より内閣総理大臣名の認可書(制度最初の移行認可)をいただき、2009年4月1日に一般社団法人へ移行登記いたしました。通算して60年以上にわたり金属加工機械・鍛圧機械産業の発展を図っている工業会です。

沿革

1948年
日本鍛圧機械協会設立される
1951年
通商産業省より高性能プレス試作受託
1954年
企業合理化促進法に鍛圧機械が追加され、初年度50%償却
1957年
日本鍛圧機械工業会と改称する
1958年
機械工業振興臨時措置法(機振法)に機械プレス、液圧プレス、剪断機が追加指定される
1959年
合理化カルテル(生産機種制限等)指示告示(機械業界唯一~1968年)
東京国際見本市に工業会として出品参加
1961年
第1回海外機械工業視察団を派遣する
1962年
第1回日本国際工作機械見本市に工業会として26社出品参加
1967年
プレス関連JIS規格制定される
1968年
機械振興会館へ移転
1971年
特定電子工業及び特定機械工業振興臨時措置法(機電法)制定される
1975年
第1回欧州国際工作機械見本市視察団派遣
1976年
米国国際工作機械見本市に視察団派遣
1978年
特定機械情報産業振興臨時措置法(機情法)制定される
1984年
社団法人日本鍛圧機械工業会となる
1987年
雇用調整助成金制度に業種指定
1994年
主要機種のPL手引きに着手
1995年
国内団体PL保険制度を創設。JISのISO整合化を実施
2000年
ホームページ開設
2002年
会報「たんあつ」復刊
2006年
サーボプレスの工業会規格化が完了
「鍛圧機械の産業ビジョン」を作成
2007年
活性化のため諸規程全面見直し
2008年
専門部会を充実
サーボプレスの第2次工業会規格
2009年
一般社団法人日本鍛圧機械工業会に移行(日本初)
MFエコマシン認証制度発足
会報「METALFORM」に改称
MF-Tokyoプレス板金フォーミング展を主催
2010年
MF技術大賞創設