日本金属プレス工業協会「現場で使える組込みシステム開発の基礎研修」のお知らせ

日本金属プレス工業協会より「現場で使える組込みシステム開発の基礎研修」についてお知らせです。

開催日 2024年9月11日(水)・12日(木)2日間
時 間 10:00~17:00
開 催 zoomによるオンライン形式
総合司会・企画 元湘南工科大学教授 片岡征二氏
講 師 (株)電子技術指導センター 代表取締役 大久保陽一氏

詳細はこちら

経済産業省「障害者差別解消法に基づく説明会及び経産省対応指針」について

経済産業省より「障害者差別解消法に基づく説明会及び経産省対応指針」についてお知らせです。

本年4月1日に事業者による合理的配慮の提供の義務化等を含む改正障害者差別解消法が施行されました。経済産業省においては、事業者における障害のある方への適切な対応のあり方を定めたガイドラインを昨年12月に改正・公表しておりますので、引き続き本ガイドラインに沿った適切な対応をお願いいたします(本年4月1日より改正後のガイドラインが適用となりました)。また、内閣府において、事業者を対象とした法律の概要や事業者に求められる取組や考え方などを内容とする説明会が実施されます。

■事業者向け説明会のご連絡
日時:令和664日(火)・65日(水)・66日(木)
開催方法:オンライン(Youtube予定)
内容:改正障害者差別解消法の概要等について
申込締切:令和6年5月27日(月)※ただし、点字等の対応が必要な場合は513
申込等、詳細はこちら

■経済産業省所管事業者向けガイドラインの周知のお願い
令和6年4月1日の改正障害者差別解消法の施行に伴い、改正後のガイドラインが適用となりますので、適宜ご参照の上、適切な対応をお願いいたします。
(主な改正内容)
1.「合理的配慮の提供」の義務化や「合理的配慮の提供」のための「建設的対話」の考え方等を追記
2.経済産業省所管事業分野における「障害を理由とする不当な差別的取扱い及び合理的配慮等の例」の追加

経済産業省「外国企業と日本企業の協業連携事例集の公表」について

経済産業省より「外国企業と日本企業の協業連携事例集の公表」についてお知らせです。

経済産業省は、424日に、企業の皆様が、経営課題解決や成長の加速に向けた選択肢の一つとして、外国企業との協業連携を活用・検討する際に参考となる「外国企業と日本企業の協業連携事例集」を経済産業省WEBサイトで公表いたしましたのでお知らせいたします。対日M&A、外国企業との共同出資、外国企業からのマイノリティ出資の受入れを対象とした11件の成功事例に加え、外国企業との協業連携の成果、成功のポイントや協業連携にあたり工夫した点などを掲載しています。また、5月27日(月)1215分~1315分にて事例集のオンライン説明会を開催いたします。

■経済産業省WEBサイト投資促進課HP
事例集のオンライン説明会詳細

JETRO「国際エンジニアリングフェア(MSV 2024)ジャパン・パビリオン 出品募集」について

日本貿易振興機構(ジェトロ)より「国際エンジニアリングフェア(MSV 2024)」ジャパン・パビリオン 出品募集のご案内です。(ご参考

“欧州の製造業の集積地”であるチェコ共和国で毎年開催される、「国際エンジニアリングフェア(MSV 2024)」は、2024年で65回目を迎える、中・東欧最大級の産業機械関連の見本市です。出品者のおよそ半数はチェコ以外の欧州を中心とした海外からの参加であり、昨年2023年は、およそ43の国と地域から、1,312社が出品し、約6万人が来場しました。

 ジェトロはこの度、当見本市においてジャパン・パビリオンを設置し、欧州における販路開拓・市場拡大を目指す皆様をサポートいたします。

 チェコからは、自動車関連部品をはじめとした多くの製品が、ドイツを主としたEU各国に輸出されています。これは、チェコが400キロ圏内に約20の乗用車生産拠点があるという地理的優位性と、EU域内で最低水準の失業率と労働コストの優位性が背景にあります。このことから、チェコには製造業が多く集まり、またチェコから多くの製品が輸出され、今日では欧州の製造業の集積地となりました。特筆すべきは、すでに進出している日系企業の約280社のうち、およそ105社が製造業ということです。ジェトロとしても、欧州市場開拓の第一歩として、チェコは魅力的な国であると考えています。

 ジェトロは、当見本市を通じて、皆様のチェコを起点とした、欧州における販路開拓・市場拡大を支援してまいります。

 皆様のご参加をお待ちしております。

■募集要項(詳細はこちら
◆見本市:国際エンジニアリングフェア(MSV 2024
◆会期:2024108日(火)~11日(金)
◆開催地:チェコ共和国・ブルノ市
◆会場:Brno Exhibition Centre
◆メインテーマ:インダストリー4.0、デジタルファクトリー、循環経済
◆募集分野:鉱業、金属、セラミック、ガラス /機械材料、部品 / 油圧・空圧制御、冷却・空調技術 / 電力・電気工学分野 / エレクトロニクス、オートメーション、計測技術 / 環境技術 / 研究開発、技術移転、金融その他のサービス  / 輸送管理、工業用梱包、物流倉庫管理 / 化学技術 / インダストリー4.0、デジタル(スマート)ファクトリー、プロセス統合、ITソリューション 他
◆出展料:無料(広報展のため)
◆募集社数:10社(予定)
◆申込締切:
STEP1(出品申し込み・イベント申し込み)】 
2024年628日(火)17:00まで 
STEP2(企業・出品物情報のご登録)】 
2024年73日(水)17:00まで 

 

経済産業省「税制総合Webページ開設」について

経済産業省より「経済産業税制総合WEBページの開設」についてお知らせです。

経済産業省が所管する税制に関する情報を産業界の皆様に広くお伝えし、更なる成長に向けて活用いただくべく、各税制の概要等をまとめたページにアクセスいただける「税制総合Webページ」を開設いたしましたのでご活用下さい。

概要
税制総合Webページ

経済産業省「卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請」について

経済産業省より「卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請」についてお知らせです。

今般、政府(内閣官房、文部科学省、厚生労働省、経済産業省)において、就職・採用活動開始時期の遵守、学業への配慮、個人情報の不適切な取扱いの防止やハラスメントの防止の徹底などについて、企業等の皆様にご理解とご協力をお願いいたしたく、「2025(令和7)年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請について」をとりまとめました。

2025(令和7)年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請について
別紙1-2
ご参考

経済産業省「経済構造実態調査の事前周知」について

経済産業省より「経済構造実態調査」についてお知らせです。

企業・事業所や団体を対象とした「経済構造実態調査」を令和6年6月に実施します。全ての産業の付加価値等の構造とその変化を明らかにし、国民経済計算(GDP統計)の精度向上に資するとともに、5年毎に実施する「経済センサス-活動調査」の中間年の実態を把握することを目的とした毎年実施の調査です。

経済構造実態調査ホームページ

経済産業省「物流効率化のための投資補助制度(二次公募)」について

経済産業省より「物流効率化のための投資補助制度(二次公募)」についてご案内です。

「荷主企業における物流効率化に向けた先進的な実証事業」の二次公募を開始致します。物流効率化のための設備・システム投資をご支援する補助制度「荷主企業における物流効率化に向けた先進的な実証事業」の公募を行いましたところ、事業者の皆様の高いご関心を受けて、二次公募を開始することになりました。本事業の対象は、中堅・中小企業の荷主企業です。基本的に、中堅企業は従業員数2,000人以下を指し、荷主には製造業、卸・小売業の事業者だけでなく「3PL」等の事業者も含まれ得ます。

概要
詳細はこちら