• 経済産業省「コンテナ逼迫関係 海外港湾の状況」について

  • 2022-6-9
  • 経済産業省よりコンテナ逼迫関係 海外港湾の状況についてお知らせです。

    <主なアップデート情報>

    LA(ロサンゼルス)/LB(ロングビーチ)港の状況
    LA/LB 港周辺海域の滞船数は2022 1 9 日に109 隻を記録し、1 月下旬まで100隻前後を推移したのち減少し、4 月から5 月にかけては3040 隻程度で推移している。
    ・コンテナターミナル内に9 日間以上蔵置されているコンテナに対する課徴金について、アナウンス効果により蔵置コンテナが減少していることから、導入の開始については延期を繰り返しており、2022 5 25 日現在も延期中となっている。
    ・北米航路(横浜⇒LA)のコンテナ(40ft)スポット運賃は、2022 1 月以降も上昇を続け、4 月時点で14,320 ドル。

    ②米国政府・議会の動きについて
    2022 3 15 日、ホワイトハウスは、荷主、物流企業、港湾などのサプライチェーンに関わる利害関係者が物流情報を共有しサプライチェーンの改善を図るプラットフォーム(FLOWFreight Logistics Optimization Works)の構築を発表。
    2022 3 31 日、海上輸送の管理等強化を目的とした海運改革法案が上院で可決。

    ③北米西岸労使交渉が開始
    2022 5 10 日、PMA(太平洋海事協会)とILWU(国際港湾倉庫労働組合)間の労使交渉が開始。現在の労使協定は7 1 日に失効する。交渉が合意に至るまでの間、両者は貨物移動の円滑化に努めるとしている。
    ・今回の交渉ではターミナルの自動化が重要な論点になるものと見込まれる。

    ④上海市ロックダウン(都市封鎖)の状況・新型コロナウイルスの感染拡大により、2022 3 月末に開始した上海市のロックダウン(都市封鎖)に伴い、従業員の移動制限等により、倉庫・工場等の稼働停止や内陸部へのトラック輸送の目詰まりが発生。これに伴い、輸入コンテナのターミナルでの滞留・バースの混雑等が発生。2022 5 18 日現在、上海市内の封鎖措置はほとんどの地域で継続中であるが、稼働再開する工場や倉庫も出てきている。
    ・5 月30 日、上海市政府は、都市封鎖を6 月1 日に実質的に解除する方針を発表。

    海外港湾の状況について(5月末時点)